<   2007年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

湘南散歩

つづき 善乃園から江ノ島

湘南海岸駅を降りて、線路沿いに江ノ島方面に戻る途中線路を越えると「善乃園」が。
とても落ち着いた雰囲気のお屋敷内にある茶房で一休み。 ずっと歩いておなかもすいていたので釜飯をいただきました。
お庭には、エンゼルトランペット(私は、ずっとこの花をオクラと思いこんでいました)が見事に咲いていました。ここの主、甘粕さん曰く、「天使がいっぱいいっぱい来てくれると良いですね」のお言葉。
ほっとしたつかの間を過ごさせて頂きました。 しまった、写真取り忘れた。
「善乃園」探してみてください。
c0125735_10335259.jpg

空腹も満たされ、いざ江ノ島。 
連休のなか日(23日)でもあり、大にぎわい。インド人もびっくりです。空模様も怪しくなり、島内をぐるり散策し鎌倉まで。
c0125735_10375957.jpg

by GRD
お気に召しましたらワンクリック♪
[PR]
by zaunarik_giga | 2007-09-25 10:40 | お散歩 | Trackback

湘南散歩

てくてく湘南
昨日22日は残暑。有楽町交通会館でカメラ市巡り。 その後東京国際フォーラムでほんの少しだけJAZZ。
今朝起きたら、秋風が。 
と言うことで、長谷寺で下車し、極楽寺から湘南公園駅までお散歩。
c0125735_19191793.jpg

成就院近くの極楽寺切り通しを過ぎると赤い橋。
正面に極楽寺が。寺境内は写真禁止。まあ仕方ないですね、拝観料無料ですから。 
山門前での一枚。
c0125735_1920867.jpg

極楽寺駅を右手に見て、どんどんと海岸まで。線路と道路が一体に。
こんな事滅多に出来ません。線路の枕木にGRDを載せてパチリ。 よひ子はほかではまねをしないように。
c0125735_19223633.jpg


by CONTAX
お気に召しましたらワンクリック♪
[PR]
by zaunarik_giga | 2007-09-23 19:26 | お散歩 | Trackback

憂鬱

肩痛

この3ヵ月ずっと悩まされていた肩痛。 以前は、左肘、その後左肩。 今回の痛みは右肩で、特にひどく、夜痛みで目が覚めることもしばしば。
先日の人間ドックの際、整形外科にゆくことを勧められたので思い切ってゆくことにした。
まずは、X-RAY写真。 その後診察となったが、どうも現代病の1つ。パソコン、姿勢の乱れ、まあ老化も一因と言うことではあるが。
最近では、20代からもあるので「50肩」とは言わないとの事ではあるが、それとなく「50肩」の診断。

見たレントゲン写真(X線写真)は、まさにこの写真の通り。 
もう枯れ木か?・・・・

c0125735_1713332.jpg


by GRD

お気に召しましたらワンクリック♪
[PR]
by zaunarik_giga | 2007-09-19 17:15 | GRD | Trackback

長谷寺散歩

平日の長谷寺
日曜日はイヤなので平日の鎌倉ぶらりしてきました。
山門正面の池の畔には、桔梗がきれいに咲いていました。マクロで花芯にピントを合わせたら花弁が甘ピンになりました。
もう少し絞った方が良かったみたいです。デジカメだから何枚も写せばよいのにね。反省
さすがGRD。イイ色を出してくれました。

c0125735_1005049.jpg

高台からの見晴らしがよいと言われる散策路は、通行止めとなっており少しがっかり。
その下の経蔵の横で一枚。
c0125735_1062113.jpg

ふれあい観音
何とも愛くるしい観音様でした。ふくよかで、優しいお顔。
c0125735_10103649.jpg

長谷寺って奈良にもあったはず。どのような関係があるのか私よく知りませんでした。
やはりあったのです。
奈良長谷寺開山であった徳道上人の本願に基づいて大きな楠から2体の観音菩薩像を作り、一体は奈良長谷寺に。残る一体は、有縁の地の衆生済度を祈願して海中に投じられたとのこと。
その後、海中に投じられた菩薩像は横須賀海上に現れたため、これをお祀りしたことから鎌倉長谷寺開山となったそうです。
奈良長谷寺は、ボタン・紅葉と有名。境内の規模は、鎌倉とは段違い。長い廊下。甍、舞台と壮大な寺社であったような記憶があります。 室生寺とともに写真のデビュー地です。
by GRD

お気に召しましたらワンクリック♪
[PR]
by zaunarik_giga | 2007-09-15 10:25 | お散歩 | Trackback

お買い物

ビューファインダ・レンズ

不意の収入。と言ってもまるまるの不労所得ではありません。 半分忘れかけていた、立て替え払いにおまけが(労働所得)が入りました。
どんと背中を押してくれたので、ついつい無駄使いとなりました。 銀塩に励めと言う天の声・・
レンズは、カラースコパー28mm。ついでにニセファインダーも買いました。

余り出る機会のない、CLを連れてお散歩しろと言うことでしょうと、自分のせいではないことを強調しましょう。

c0125735_11551685.jpg

by GRD

お気に召しましたらワンクリック♪
[PR]
by zaunarik_giga | 2007-09-14 11:56 | ライカ | Trackback

横浜山手散歩

911 山手散歩

きゅういちいちでした。
あの日は、娘と義母がちょうど台湾旅行から帰る日でした。空港で到着を待ち、無事家路にたどり着き、義母が風呂から上がった時間帯でした。テレビからテロップが流れ、「また小型機がビルにぶつかったのでは」と思いながら・・・・
ニュースステーションで続々と詳細が。忌まわしい事件でした。

c0125735_18434226.jpg

今日は、人間ドック受検日。朝から出かけ、午前中で終了。昨日からのたくらみで、山手散歩です。さすがに一眼とレンズは人間ドックにふさわしくないし、重い。G2かCLとも思ったがやはり今日はGRDだけ。だんだん銀塩の出番は減るばかりです。
そのくせ、カメラは増えるばかり。
 「いけない」反省
横浜に来て以来初めて「港の見える丘公園」に。写真は、大佛次郎記念館の吹き抜けから。

写真は、ご存じカソリック教会
ここのところ天候不順できれいな空が撮れません。
c0125735_18552269.jpg


バリウムを呑んだせいでおなかが張るし、少し下剤が効いてきたせいで落ち着きが無くなりました。集中力欠如。 昨年は、そそくさと帰宅したのですが・・・ 
根岸の競馬場まではとても無理そうなので、中華街で昼食。珠江のランチ、前菜・シュウマイ・おかゆ・薬膳スープ・湯葉の海鮮あんかけ+小豆のプリンはとても美味でした。関内千曲商会で時間をつぶし帰宅。自宅近くの駅でコーヒーを一杯飲んだ途端効きました。
 後はご想像にお任せします。
by GRD
お気に召しましたらワンクリック♪
[PR]
by zaunarik_giga | 2007-09-11 19:04 | お散歩 | Trackback

高速鉄道 北京-天津

高速鉄道 和諧号
c0125735_13213629.jpg

帰国は、同じく天津空港からでした。前日までの暑さは、朝から雨で、それまで、昼間は35度程あった気温も秋の終わりに近い感じで肌寒さを感じました。
我々一行を載せたバスは、ホテルより一路北京駅まで直行。約30分ほどと思っていたのですが、なんと合流車線にさしかかったところ、市営バスの強引な割り込み(かぶせられたというのが正解か)にあい警察をよぶはめに。事故
待つこと20分。その後の事情聴取。結局市バスの運転手が非を認めたためその場を離れることとなりました。
が、高速電車までの時間がない。北京駅の近くにバスを停車。スーツケースをがらがら引いて、道路を渡り、北京駅に到着したのは、出発まで僅か10分足らず。
c0125735_13301258.jpg

急いでとったのがこの一枚。
ごらんになるとおわかりの通り、乗客らしき人影は、ホームには妻以外誰もいない。
もう一枚と言うところであったが、不安になり先頭列車のデッキに駆け込んだ途端、ドアが閉まり、あわや・・冷や汗ものでした。・・タラー
ここから・・・・・悲劇が
デッキに戻ったところ、車掌さんが客室とデッキの間にあるドアをロックしだした。・・ロックアウト
日本語で、中に入りたいと言っても中国語でドア上部の鍵を指さし、なにか怒鳴っているだけ。
あっけにとられている内に、車掌室に。内部からロック。完全に監禁状態。
さすが大和撫子。ドアをがんがんたたく。わめく。車掌が出てくるが、先程と同様ドアの上部を指さして何か言ってまた車掌室に。
幸い、ガラス窓であったため、客室の日本人(同じツアー)に手を振ると、にこにこ笑って手を。
違う違う。手でバッテンマーク。やっとなにやら我々が困っていることを察し、現地ガイドが駆けつけるが、ドアは客室からもあかない。
客室乗務員を呼んでドア解除。
ホッ!
c0125735_13405531.jpg

時刻表の一部分です。9時21分発天津行き
和諧号とは、調和号の意味。北京-天津間、約110Kmを一時間弱で。川崎車両製と聞きますが、正確な情報はwikipediaにて検索願います。
昨年就航と言うことで、中身は99パーセント新幹線。最高時速は165KmMaxで、同区間をNone-Stop運行でした。
と言うことで、無事天津につきました。
良い思い出です。
by GRD

お気に召しましたらワンクリック♪
blogram投票ボタン
[PR]
by zaunarik_giga | 2007-09-10 13:48 | | Trackback

北京_通り

通りです
通りには、日本では見かけないトローリーバス。日本では30年代東京で走っていた??
環境に優しい乗り物でしょう。ただし、火力発電では結局同じでしょうか?
車社会による環境破壊に留意していることを印象つけるには、良い広告塔ですね
c0125735_14332387.jpg

夕暮れ
食事が終わると、すっかり夕暮れになっていました。道路の端は自転車専用となっていますが、想像したほど自転車は走っていませんでした。すっかり車社会になっています。
言われほど車の排気ガスは感じられませんでしたが、帰国後デジカメ・カメラのレンズの手入れをしたところ、レンズクリーナー用紙が黒いすすで汚れていました。
フィリピンでは、帰宅後手を洗うと真っ黒になりましたが。過去、外国への旅行後にレンズの汚れが気になったことはありませんでしたが・・
c0125735_1438962.jpg

お気に召しましたらワンクリック♪
blogram投票ボタン
[PR]
by zaunarik_giga | 2007-09-07 23:32 | | Trackback

胡同(フートン)

胡同(フートン)散策
食事前の、胡同(フートン)散策です。人力車に乗ってほんの少しだけ胡同(フートン)を体験しました。通りには客を待つ力車マン。ツアーの皆さんが目指す人力車まで移動中。
c0125735_1413338.jpg

さあ、胡同(フートン)散策開始です。何台かの人力車で車上よりの見学。
驚きは、物売り。自転車で根性入れて売り込みです。
c0125735_14164929.jpg

お宅拝見
門を入ると懐かしい田舎の雰囲気。カボチャで日よけが作られています。
c0125735_14192051.jpg

元国有鉄道の職員のお宅。写真は、その奥にある息子さんの別宅玄関。さすがに中まで入って写真を撮る図々しい勇気はありませんでした。
よしず越しのなかからは、お香のような香り。
c0125735_14205562.jpg

ドアには、<福>の御札
何故逆さに? 
未だ福来たらずとのこと。まっすぐになったら、胡同(フートン)からマンションへと。いずこもも同じですね、
c0125735_1424292.jpg

by GRD
お気に召しましたらワンクリック♪
blogram投票ボタン
[PR]
by zaunarik_giga | 2007-09-07 14:27 | | Trackback

北京

伝統との調和
北京の街はオリンピック開催を機に一気に破壊が進んでいるのではないだろうか。新聞・雑誌で良く見る風景であるが、開発という名のもとでの破壊。伝統ある街並みが失われつつある。これは、多分彼らが数十年後にやっと気づくことかも知れないし、大きなお世話かも知れないが・・・・・・・ちょうど通りかかった街の一角は(胡同ふーとん)全て道路となるとのこと。
ちょうど、この町の古老たちがその工事を見つめ(ご隠居の井戸端会議)、失われゆく街並みについてなにやら話し込んでいる風景を目の当たりにした。
工事の塀に囲まれたその内は、写真のとおり。取り残された一部の家屋・そして取り壊された街並みは何を訴えているのだろうか。
by GRD
c0125735_14354861.jpg


お気に召しましたらワンクリック♪
blogram投票ボタン
[PR]
by zaunarik_giga | 2007-09-02 14:38 | | Trackback

zaunarikの独り言。あれやこれやと趣味が定まらず、 元のカメラに 


by zaunarik_giga
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30